【日中国交正常化50周年記念】日中関係100年 1972から2072へ ~「架け橋」のバトンパス~

多様な分野で活躍されるゲストをお招きし、日中50年の振り返りとこれからの日中を皆様と一緒に考えていきます。(最終編集:2022年9月22日)

目次

  1. イベント詳細
  2. 登壇者紹介
  3. 主催団体について
  4. これまでの50周年記念イベント

1. イベント詳細

▼日時:2022年9月25日(日) 14時〜16時(15時40分開場)
▼内容:
第1部「日中、これまでの50年を振り返って。」
第2部「日中、これからの50年をどうつくるか。」
第3部 1部と2部のパネリストによる世代間議論
▼会場(以下2つからお選びいただきます。):
1. 慶應義塾大学 三田キャンパス 西校舎 517教室
2. オンライン参加(zoom)
「1. 三田キャンパス」で対面でお話しできると運営一同大変嬉しいです!
▼費用:無料
▼募集対象:学生、社会人、主婦•主夫、シニア等。
▼使用言語:日本語
▼応募方法:ポスターのQRコード読み込み又は応募フォームから記入
▼応募締切:2022年9月24日(土) 正午

高原明生氏(東京大学教授)、諏訪一幸氏(静岡県立大学教授)と日中学生会議の今井、勝、上野で打ち合わせをしました!

目次に戻る

2. 登壇者紹介

目次

開会挨拶
第1部
第2部
第3部

開会挨拶

高原明生氏(東京大学教授)

1981年東京大学法学部卒、88年英国サセックス大学にて博士号取得。立教大学教授等を経て2005年より法学政治学研究科教授、2018年より公共政策大学院院長を兼任。在中国日本大使館専門調査員、英国開発問題研究所理事、ハーバード大学訪問学者、アジア政経学会理事長、新日中友好21世紀委員会委員(日本側秘書長)、北京大学訪問学者、メルカトール中国研究所上級訪問学者などを歴任。東京財団政策研究所上席研究員、日本国際問題研究所上席客員研究員、日本国際フォーラム上席研究員などを兼任。
(出典:東京フォーラムShaping the Future「講演者一覧」

登壇者紹介に戻る

第1部「日中、これまでの50年を振り返って」

パネリスト(分野)

呉軍華氏(中国政治・経済)

日本総合研究所理事主席研究員。日綜(上海)投資諮詢有限公司董事長(会長)。1983年(中国)復旦大学卒業。90年東京大学大学院修了。日本総合研究所に入社し、香港大学アジア研究センター名誉研究員、ハーバード大学客員研究員、米国AEIリサーチフェロー、ジョージワシントン大学客員研究員等を歴任。
(出典:日本経営合理化協会「講師案内」)

劉傑氏(東アジア国際関係史)

早稲田大学教授。北京外国語大学を経て、1982年に来日し東京大学に入学。1993年東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。博士(文学)。日本学術振興会外国人特別研究員、聖心女子大学、フェリス女学院大学、淑徳短期大学非常勤講師、1996年より早稲田大学専任講師(社会科学部)、同・助教授を経て、現職。2005年からコロンビア大学客員研究員を併任。
(出典:WASEDA ONLINE「『対抗と提携』の日中外交史――歴史を超えた相互理解へ

高橋哲史氏(メディア)

日本経済新聞 経済部長、前中国総局長。1990年代から大蔵省(現・財務省)を振り出しに、霞が関の経済官庁や首相官邸、自民党、日銀などを取材した。中国に返還される前の香港での2年間を含め、計10年以上に及ぶ中華圏での駐在経験もある。2017年4月から4年間は中国総局長として北京を拠点に中国の変化を報じ、21年4月に帰国した。
(出典:日本経済新聞

柏口之宏氏(エンタメ)

株式会社アクセスブライト代表取締役。セガ・チャイナを設立、初代董事兼総経理兼CEOに。2007年、独立しアクセスブライトを設立。現在、同社の本社は東京・大手町に、中国法人は上海にある。2019年2月、日経ビジネス「世界を動かす日本人50」に孫正義氏、大谷翔平氏らと共に掲載された。
(出典:アクセスブライト「役員紹介」

モデレーター

諏訪一幸氏(静岡県立大学教授)

1986年東京外国語大学外国語学部中国語学科卒業、2004年日本大学総合社会情報研究科博士前期課程修了、その間に外交官として計14年間中国に駐在。北海道大学助教授・准教授などを経て、現職。
(出典:日中学生会議

コメンテーター

小嶋華津子氏(慶應義塾大学教授)

1993年慶應義塾大学法学部政治学科卒業、99年
同大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。博士(法学)。在中国日本大使館政治部専門調査員、筑波大学人文社会系准教授などを経て、現職。
(出典:日中学生会議

登壇者紹介に戻る

第2部「日中、これからの50年をどう作るか。」

パネリスト(分野)

夏目英男氏(ビジネス、IT)

East Ventures Principal、清華大学大学院修了。東京生まれ、北京育ち。幼少期の大半を中国で過ごし、2013年中国・清華大学に進学。2017年清華大学法学院及び経済管理学院(ダブルディグリー)を卒業後、同大学院公共管理学院(公共政策大学院)に進学。卒業後、日本の政府機関で日本と中国をつなぐ事業に従事する傍ら、中国の若者トレンドやチャイナテックなどについての記事を執筆。日本の高校生を中国へ招待し、中国のテクノロジーや起業、政策などを学ぶ教育プロジェクト「Dot STATION」も運営中。
(出典:日経クロストレンド

Sao氏(文化)

中国名艾唯(AIWEI)。
音楽を通して日本と中国の架け橋になることが目標の日中友好シンガーソングライター。
2013年、渡辺エンターテイメントスクールヴォーカルコース公開オーディションにて
オファー数1位をという成績を納め卒業。卒業後は東京を中心に活動。
中国に渡り、音楽活動をしながら中国語を習得。同時に中国有名動画配信サイトBiliBiliで動画配信を始め、チャンネル登録者現在1.4万人、合計再生回数55万回を突破。
現在、中国上海音楽学院ミュージカル科在学中。

【日中学生会議より】

勝隆一
慶應義塾大学学生。第41回日中学生会議 企画・渉外担当委員。

安家宇
立命館大学大学院学生。第38回日中学生会議OB、第41回参加者。

勝隆一
安家宇

モデレーター

今井美佑
上海復旦大学学生。第41回日中学生会議実行委員長。

コメンテーター

大澤武司氏(福岡大学教授)

1996年中央大学法学部法律学科卒業、2000年埼玉大学教養学部卒業、06年中央大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(政治学)。熊本学園大学外国語学部東アジア学科教授などを経て、現職。
(出典:日中学生会議

登壇者紹介に戻る

第3部 全登壇者による交流セッション

モデレーター

渡邊満子氏(フリーメディアプロデューサー)

1962年東京生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒業後、日本テレビ入社。『キューピー3分クッキング』を20年余り担当。『日本テレビ開局55年記念特番 女たちの中国』『天皇皇后両陛下 ご成婚50年記念特番』など特別番組を制作。2009年日本テレビを退社しフリーに。国際バレエアソシエーション代表理事、日中映画祭実行委員会副理事長。著書に『祖父 大平正芳』。

(出典:日中学生会議

登壇者紹介に戻る

3. 主催団体について

日中関係論壇(HP

日中関係論壇は、日中間の相互理解を深め、交流を広げる活動を行うためのプラットフォームです。特に会則や会員を規定するのではなく、幹事たちがいわば実行委員として参加者を募り、その都度の活動を実施するネットワーク型の新しい試みです。(参照:HP)
高原明生氏(東京大学教授)、諏訪一幸氏(静岡県立大学教授)、小嶋華津子氏(慶應義塾大学教授)、大澤武司氏(福岡大学教授)が所属。

第41回日中学生会議(About Us

アカデミックな会議を通して中国学生との相互理解を深めることを目的に、毎年8月に3週間本会議(合宿)を行います。日本代表として20名の学生が中国語・英語・日本語を使用して、各分科会テーマを中国学生と共に議論します。

目次に戻る

4. これまでの50周年記念イベント

下記の画像・文字をクリックしてください!

[国交正常化50周年に集う]1dayイベント

これまで1年間50周年記念イベントを続けてまいりましたが、当イベントを集大成としています。
学生だけでなく、社会人や主婦•主夫、シニアの方等皆さまにぜひ参加していただきたいです!ご友人•ご家族をお誘い合わせのうえ、是非ご参加ください♪
皆さまとお会いできることを楽しみにしております😊

1番上に戻る