【日中学生大討論ch主催】日本と中国の50年、ヒット曲からみる。

日中国交正常化50周年の今、歌をめぐる交流(=文化交流)という視点から日中関係を再発見します。(最終編集:2022年6月13日)

目次

  1. イベント詳細
  2. 講演者
  3. 日中学生大討論chとは?

1. イベント詳細

▼日時:2022年6月18日(土) 16時〜17時30分(15時40分開場)
▼内容:日本と中国の50年間に関して、「ヒット曲」を中心に文化交流の視点から日中関係を見つめなおす。
▼会場(以下2つからお選びいただきます。):
1. 慶應義塾大学 三田キャンパス 第1校舎3階 133教室
2. オンライン参加(zoom)
「1. 三田キャンパス」で対面でお話しできると運営一同大変嬉しいです!

▼費用:無料
▼募集対象:中国人留学生・日本学生を募集中です。社会人や高校生の方も大歓迎です。
▼参加スタイル(以下2つからお選びいただきます。):
1. フロア=登壇者とともに大討論に参加。
2. オブザーバー=質疑応答の時間に発言。(オンライン参加の方は皆様こちらをお選びいただきます。)
▼使用言語:日本語
▼応募方法:ポスターのQRコード読み込み又は応募フォームから記入
▼応募締切:2022年6月17日(金) 正午

中国人留学生と日本学生の交流の機会となります!ご友人とのご参加も、お一人のご参加も大歓迎です。今回のイベントは視聴者参加型です。
今回、嵐の北京公演等ジャニーズ事務所関連企画の海外紹介に尽力された瀬野清水氏にゲストとしてお越しいただきます!

目次に戻る

2. 講演者

瀬野清水氏
(元重慶総領事)

1975年外務省入省。北京、上海、広州、香港などにある日本の大使館、総領事館で勤務。2012年に退職するまで通算25年中国に滞在。Marching J財団事務局長、大阪電機通信大学客員教授を経て、現在は日中協会理事長、アジア・ユーラシア総合研究所客員研究員などを務めている。

目次に戻る

3. 日中学生大討論chとは?

開かれた学生同士の日中交流を目的に「日中関係論壇」「京論壇」「日中学生会議」が集まってできた団体です。

日中関係論壇(HP

日中関係論壇は、日中間の相互理解を深め、交流を広げる活動を行うためのプラットフォームです。特に会則や会員を規定するのではなく、幹事たちがいわば実行委員として参加者を募り、その都度の活動を実施するネットワーク型の新しい試みです。(参照:HP)

高原明生氏
(東京大学教授)

1981年東京大学法学部卒業、83年サセックス大学開発問題研究所修士課程修了、88年同大学博士号取得。笹川平和財団研究員、在香港総領事館専門研究員、立教大学教授などを経て、現職。

諏訪一幸氏
(静岡県立大学教授)

1986年東京外国語大学外国語学部中国語学科卒業、
2004年日本大学総合社会情報研究科博士前期課程
修了、その間に外交官として計14年間中国に駐在。
北海道大学助教授・准教授などを経て、現職。

小嶋華津子氏
(慶應義塾大学教授)

1993年慶應義塾大学法学部政治学科卒業、99年
同大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。博士(法学)。在中国日本大使館政治部専門調査員、筑波大学人文社会系准教授などを経て、現職。

大澤武司氏
(福岡大学教授)

1996年中央大学法学部法律学科卒業、2000年埼玉大学教養学部卒業、06年中央大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(政治学)。熊本学園大学外国語学部東アジア学科教授などを経て、現職。

京論壇 | JING Forum(HP

京論壇 | JING Forum は東京大学と北京大学の学生で構成される議論団体です。北京・東京で夏休みに一週間ずつ合宿を行い、様々な社会課題について「学生ならではの視点」から英語で徹底的な議論を重ねます。その成果を広く発信することで両国の深い相互理解の達成への一助となることを目指します。(参照:HP)

日中学生会議(About Us

アカデミックな会議を通して中国学生との相互理解を深めることを目的に、毎年8月に3週間本会議(合宿)を行います。日本代表として20名の学生が中国語・英語・日本語を使用して、各分科会テーマを中国学生と共に議論します。

6/11(土)に打ち合わせを行いました!

日中関係の第一人者たちから裏話や本音を聞くことができる機会です。また参加者から皆さま一人一人の考えをぶつけていただき、議論できます!
運営一同、皆様のご参加を心よりお待ちしております!

目次に戻る

※activo: https://activo.jp/articles/89664

今までの「国交正常化50周年に集う」イベントはこちらにまとめています。